Menu
DTRS RECRUITING SITE
DTRS RECRUITING SITE

Hiroyuki Takahashi 高橋 宏之
サイバーリスクサービス
シニアマネジャー
コンサルファーム出身

サイバーリスクサービス シニアマネジャー
コンサルファーム出身

入社前のキャリア SIer、SIer系コンサルファームを経てデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)のCIOアドバイザリーを推進する部門に所属。ビジネスデューデリジェンス、ITデューデリジェンス、ITコスト削減、M&Aに伴うIT統合計画策定、新興国向けERP導入計画策定、情報セキュリティ高度化などに係る助言・指導を担当。

DTRSへの
転職理由

DTRSの高い専門性と創業期ならではの
成長意欲の高さに魅せられて

DTC在籍時、情報セキュリティ高度化に係る案件で、DTRSと協業する機会がありました。その時のDTRSメンバーが作成した資料は、クライアントの経営層に高く評価されるものであり、その専門性の高さに強く惹かれました。弊社代表の丸山とはその中で知り合い、意気投合。自身の専門性の向上と共に、当時、サイバーセキュリティに関するサービスのラインアップ拡充を進めていたDTRSのビジネスモデル確立に一役買いたいと考え転籍しました。転籍当時の私は、シニアコンサルタントのポジションでしたが、サイバーセキュリティ関連の知見・経験が局所的という弱点を抱えていました。そのため、転籍後の1年間は、サイバーセキュリティの全体像を把握できる案件に優先的にアサインしてもらいました。テーマとしては、内部統制・ISMS・個人情報保護・PCI DSSなどを軸に、規程類整備や課題分析・改善提言に係る案件に継続的に関与してきました。当時は学ぶべき事が多く負荷的にきつい時期もありましたが、それまでのコンサルタント経験で習熟していたアナロジー思考・仮説思考・クリティカルシンキングなどを活用することで、クイックかつ的確に昇華することができたと実感しています。また、転籍後の1年間の職位は、シニアコンサルタントでしたが、ほとんどの案件をプロジェクトマネジャーのロールとして経験してきました。個人の成長意欲も踏まえた適切なフィールドを与えてくれる点は、DTRSの魅力の一つでもあります。

仕事内容

シニアマネジャーとして、
より中長期的・戦略的視点で
プロジェクトを牽引

現在はシニアマネジャーとして活躍しています。マネジャーの頃は、目先のプロジェクトをどうやって“成功”に着地させるかという思いが強かったです。しかし、シニアマネジャーになってからは視点が変わったと実感しています。目先のプロジェクトだけでなく、その先のサービス展開にどうつなげるか、また、クライアントとの中長期的なリレーションをどのように形成していくかを常に意識して取り組んでいます。また、スタッフの育成に関しても、目先のプロジェクトのパフォーマンスだけで評価するのでなく、スタッフの強みや武器を見極めた上で、どのようなキャリアに導いてあげるべきかを強く意識して取り組んでいます。マネジャーの頃以上に、「組織」を意識する機会が増えたと実感しています。また、これは私の持論ですが、コンサルの仕事においては、本から学べる事柄は少なくて、むしろプロジェクトの現場でクライアントと交わす議論から多くを与えられる仕事だと考えています。そうした場面での気づきが、次の仕事への「気づき」になったりするものです。職位が上がったいまでも、現場感覚を大切にし、クライアントと接する機会を大切にしているつもりです。

Message

コンサルティングワークを
楽しめる人を歓迎します

コンサルタントの仕事は一般的には激務とイメージされることが多いです。正直、私自身もスタッフの頃は、精神的・肉体的にきついと感じる時期がありました。ただし、不思議とコンサルティングワークをやめたいと思ったことはありませんでした。時間を忘れてブレストに夢中になる感覚、新しいアイデア・ロジックを考える時のワクワク感、クライアントから評価された時の達成感など、コンサルティングワークには普通の仕事では味わえない醍醐味がたくさん詰まっていると思います。技術・語学・製品などの必要な知識はたくさんありますが、何よりもポジティブに楽しんで仕事に取り組むことが成長の秘訣です。そういうマインドに共感できる方を強く歓迎します。

コンサルファーム出身

  1. 1パートナー野見山 雅史
  2. 2パートナー泊 輝幸
  3. 3シニアマネジャー高橋 宏之

セキュリティベンダー・SIer出身

  1. 4シニアマネジャー岩井 博樹
  2. 5シニアマネジャー佐藤 功陛
  3. 6コンサルタント豊澤 和也
Top