Menu
DTRS RECRUITING SITE
DTRS RECRUITING SITE

Kohei Sato 佐藤 功陛
サイバーリスクサービス
シニアマネジャー
セキュリティベンダー出身

サイバーリスクサービス シニアマネジャー
セキュリティベンダー出身

入社前のキャリア SIerでITインフラエンジニアとして経験を積んだ後、セキュリティに興味を持ちセキュリティベンダーへ。SOCのマネジャーを務めるだけでなく、新規SOCビジネスの立ち上げも指揮。

DTRSへの
転職理由

デロイトがSOCをゼロから立ち上げる
それを自ら指揮できるチャンスに出会った

私は1990年代後半にITインフラの構築運用でエンジニアとしてのキャリアをスタートし、その後、セキュリティに興味を持ってこの領域に専ら携わり、過去には大手外資系ベンダーのSOC(セキュリティオペレーションセンター)のセンター長を務めた経験もあります。こちらに移る直前には、某外資系通信事業者の日本でのSOCビジネスの立ち上げプロジェクトを任され、私なりに理想のビジョンを描いてセンターの開設にあたっていたのですが、オープン寸前に本社の方針変更で突如、白紙撤回されることに。プロジェクトは解散し、無念のまま次のキャリアを探していたところ、DTRSからオファーをいただいたのです。話をうかがうと、日本のデロイトでも新たにSOCを開設する計画が進められており、それを担える人材を探しているとのこと。私が前職で果たせなかったことに再びチャレンジできる絶好の機会だと、こちらに入社することを決意したのです。以降、まったくのゼロベースからSOCを立ち上げることに奮闘。デロイトでは、こうしたセキュリティ監視の拠点をCIC(サイバー インテリジェンス センター)と呼んでおり、私はサイバーセキュリティですでに先行している海外のデロイトのCICを巡って実態を把握し、その知見を参考にしながら日本にあわせたサービスモデルをフルスクラッチで構築しました。また、センターのコンセプト策定やオフィスのデザインも、メンバーの声を取り入れながら働きやすさを追求し、CICを具現化していきました。

仕事内容

強い想いを持ってCICを創り上げ、
これまでにない組織でサイバーセキュリティに臨む

DTRSに参画してからおよそ1年半かけてCICを立ち上げ、2016年5月より本格稼働を開始しましたが、この間、私は強い想いを持って仕事に取り組んできました。以前から私は、SOCなどでサイバーセキュリティの現場に携わる専門人材があまり報われていないことに問題を感じていました。たとえば過去に在籍していた大手外資系ベンダーでは、こうした人間を評価するメジャーがなかったので、いつまでたっても昇進できない。これでは、せっかくサイバーセキュリティに関心を持って監視や分析を究めたいと思っても、モチベーションを持ってキャリアを積むことができない。そこでセキュリティ人材がきちんと評価される仕組みをつくりたいと、上層部に直談判し、グループ内の経営コンサルティング会社の人事コンサルタントにわざわざ発注してCIC独自の人事制度を構築。こうした本質的な考えをきちんと理解してくれて、投資まで許容してくれる。これこそがデロイトならではのカルチャーだと思います。CICの運営においてもそうです。日本のCICのレベルを上げていくためには、サイバーセキュリティで先行する海外と常に連携することが必要。現地への渡航費用なども惜しみなく投資してくれますし、おかげでスペイン、カナダ、ドイツ、イスラエルなどのデロイトの拠点を次々と訪れ、サイバーセキュリティの世界最先端を身をもって把握することができました。それを存分に反映させたのが正に日本のCICであり、従来のSOCとはまったく異なる場を創りたいという私の想いを、いよいよ世に問う時が来たと、大いに気持ちが高揚しています。

Message

高度な評価・分析ができる力を得て、
日本のセキュリティに真に貢献できる人材に

いまや企業へのサイバー攻撃は、市場原理のもと明確な意図を持ってなされるものであり、製品主導による単なるセキュリティ監視では対処できなくなりつつあります。攻撃の背景にあるコンテクストを理解し、さらにお客様固有のビジネスリスクを加味した上で評価・分析しなければ、真のサイバーセキュリティサービスは提供できない。今回立ち上げたCICで我々は、世界最先端のテクノロジーを駆使しながらそこまで踏み込んだサービスを提供していきたいと考えており、通常のSOCではおそらく手に入らないキャリアが得られると思います。また、常にデロイトのCICと連携する機会があり、そうしたレベルの高い環境で自分を成長させたいという方にも絶好のフィールドです。コンサルタントとは異なるCIC独自の人事制度も設けており、サイバーセキュリティの最前線に携わることにも誇りを持てます。まだまだCICはスタートしたばかりであり、そのスターティングメンバーの一員として、遅れていると言われる日本のセキュリティレベルを向上させ、社会に貢献していきましょう。

コンサルファーム出身

  1. 1パートナー野見山 雅史
  2. 2パートナー泊 輝幸
  3. 3シニアマネジャー高橋 宏之

セキュリティベンダー・SIer出身

  1. 4シニアマネジャー岩井 博樹
  2. 5シニアマネジャー佐藤 功陛
  3. 6コンサルタント豊澤 和也
Top