Menu
DTRS RECRUITING SITE
DTRS RECRUITING SITE

Kazuya Toyosawa 豊澤 和也
サイバーリスクサービス
コンサルタント
SIer出身

サイバーリスクサービス コンサルタント
SIer出身

入社前のキャリア 大学の情報系学部を卒業後、メーカー系SIerのグループ会社に入社。10年弱のキャリアのうち、ID管理や認証基盤の構築チームの一員として約5年、SIプロジェクトに関与。

DTRSへの
転職理由

望んでいた職種に就けた充足感をバネに、
力不足の部分の強化に励む

前職では技術者として、システムを導入することが主なミッションでしたが、次第に「そもそもどのようなシステムが必要とされているのか」といったような、よりクライアントのニーズに近い部分に関わりたい気持ちが強くなり、技術者からコンサルタントへのキャリアチェンジを意識し始めました。正直、ある大手転職サイトの記事を見るまで、DTRSという名前は聞いたことがありませんでした(笑)。他にもコンサルティング会社は受けたのですが、サイバーセキュリティにフォーカスした募集はDTRSだけで、自身のセキュリティの経験が最も活かせると思い入社を決めました。入社してすぐにアサインされたのはSIプロジェクトに対してコンサルタントの立場として関わるジョブでしたので、存分に前職の経験を活かせることになりました。そのジョブもそうでしたが、クライアントのすぐそばで、クライアントのニーズに応えていくためには、技術的な知識の深さよりも論理的にものを考え、解決策を組み立てていくことが求められます。また解決策をクライアントに分かりやすく、説得力をもって伝えるためにはコミュニケーションスキルも必要です。それらの思考スタイルやスキルを身につけるのは簡単ではありませんが、前職時代に望んでいた仕事が経験できていることは、それだけでも大きなやりがいになっています。DTRSへの転職は正しい決断でした。

仕事内容

未体験の分野に挑む
力不足が実感できるから、
ジョブの遂行に熱が入る

現在アサインされているプロジェクトでは、シニアマネジャー、マネジャーと私の3名で、様々な業種の事業会社をもつ企業グループのセキュリティ強化を支援するチームを編成しています。グループ全体のセキュリティに関わるガバナンスのあり方を提案することを見据えて、現状把握のためのヒアリングや各種ドキュメントの読み込みを行っています。私はチームの中で最も若いので、いまはとにかく手を動かすことと、クライアントがこのプロジェクトで実現したいであろうことを先回りして察知し、それを適切なタイミングでアウトプットすることを意識しています。また多忙なマネジャーの不在時には、その穴を埋められるようになることも大切な目標です。ガバナンスまで含めてセキュリティ全般を対象とするプロジェクトですから、私も足りない知識を補ったり、ゼロから勉強したりしています。マネジャーの仕事ぶりなどを観察していると、しばしばプロジェクトに直接関係のない多種多様な相談事を受けています。頼りにされているのだな、と思いつつ、自分はまだそういう点が欠けているなと痛感しています。もちろんいつか私も成長を遂げて、クライアントから頼りにされるような存在になりたいです。

Message

DTRSには学ぶ機会、
成長の機会が至る所にあります

入社後は当然コンサルタントとしてのスキルを身につけていくことが求められますが、入社前のコンサルタント経験が絶対に必要、というわけではないと考えています。私も技術者出身ですし、周囲にもコンサルタント以外からの転職者がたくさんいます。皆それぞれのキャリア、専門性、個性を活かしてジョブの遂行にあたっています。足りない部分があったとしても、学ぶ機会、成長の機会は至る所にあります。この多様性の中にぜひ加わっていただき、あなたの経験、知識、スキルを積極的に活かしていただきたいと考えています。

コンサルファーム出身

  1. 1パートナー野見山 雅史
  2. 2パートナー泊 輝幸
  3. 3シニアマネジャー高橋 宏之

セキュリティベンダー・SIer出身

  1. 4シニアマネジャー岩井 博樹
  2. 5シニアマネジャー佐藤 功陛
  3. 6コンサルタント豊澤 和也
Top