Menu
DTRS RECRUITING SITE
DTRS RECRUITING SITE
  • HOME >
  • サイバーセキュリティコンサルタントへの期待

サイバーセキュリティコンサルタントへの期待

セキュリティリスクを経営リスクと捉え、
事業支援できる人材が待望されています

  • 1

    セキュリティ機器導入だけではない、
    多層的なアプローチ

    近年のサイバー攻撃は、セキュリティ機器の導入などによる技術的対策だけでは防御が困難になってきています。起こり得るインシデントを予測し、必要な組織体制を全社レベルで確立しながら情報資産を多層的に守っていくアプローチが不可欠です。このアプローチの実現のために、事業に対する深い理解力と最新インシデントの分析力、広範な技術的知見を持ち併せたコンサルタントが求められています。

  • 2

    経営視点に立脚した
    ソリューション提案

    企業活動を止めかねないサイバー攻撃への対策は、リスクガバナンスの根幹となるテーマです。サイバーセキュリティ課題を経営課題として捉え、あるべき体制構築を提言し、中長期的かつ俯瞰的な見地から実効的なソリューションを提案できる。そのようなエキスパートが必要とされています。マネジメントコンサルティングだけでなく、技術的コンサルティングも提供できる希少な人材に対するニーズが高まっています。

  • 3

    守るだけではない、
    攻めのセキュリティによるビジネス推進

    企業が強く期待しているのは、事業のスピードやコアコンピタンスを損なわずにサイバー脅威に対応できるソリューションです。「守る」だけでなく適正なリスク判断で「攻め」の姿勢のセキュリティ対策を実現し、健全なビジネス推進を支援する必要があります。クライアントのビジネスを徹底的に理解して、企業活動を全力で支援することがコンサルタントに求められます。

  • 4

    法律・心理学・行動科学などを含めた、
    学際的・国際的な問題解決アプローチ

    現代のサイバーリスクの複雑性に対抗するには、経営・技術両面の専門性があっても充分とはいえません。一般的な犯罪分析と同様に、法律の知識や心理学・行動科学などの知見も不可欠となってきます。国際会議やシンポジウムなどに参加することで、世界の最新動向を把握し吸収する必要もあります。学際的かつ国際的なアプローチで、戦略的なソリューションを探究し続けることが求められます。

Top