Menu
DTCY RECRUITING SITE
DTCY RECRUITING SITE

A.K.
Cyber Advisory
Manager

Cyber Advisory Manager

前職の仕事内容、転職理由、
DTCY を選んだ理由を教えてください。

前職は事業会社のコーポレート部門で、情報セキュリティを担当していました。コンサルティングファームやベンダーなど外部の専門家とともに、社内情報システムの入れ替えや個人情報保護のマネジメントシステムの運用など、幅広く様々な業務を手掛けていました。その中でも、情報管理体制の統制のあり方を考えることや、PDCAを回して運用していく仕事が面白く、やりがいを感じていました。
一方で、自分のキャリアに確固たる核が育っていないような思いも大きくなっていきました。様々な業務を担当させていただいても、専門性が問われる部分は外部の方に支援していただいており、自分自身は内部調整や各種手続きに追われている。今後のキャリアを考えたときに、高い専門性を持った人材になりたいと考えました。デロイト トーマツ サイバー(以下、DTCY)は、プライバシー・セキュリティ領域に強いコンサルティングファームであり、まさに理想通りの会社だと思い入社しました。

現在の業務内容について
教えてください。

私が所属するチームでは、プライバシー関連のコンサルティングサービスを提供しています。その中でも私は金融系、特に保険会社のクライアントを担当しています。単にプライバシーに関わるシステム構築を支援するにとどまらず、会社全体を統制する視点で、幅広い課題に対応しています。例えばグローバルに事業を展開する企業では、国内だけでなく海外の法規制にも対応しながら、どうガバナンスを強化していくのか、全社的な仕組みを作り込んでいく必要があります。
また、近年はDX(デジタルトランスフォーメーション)の流れを受けて、多くの企業が積極的にデータの利活用に取り組んでいます。例えば保険会社でいえば、自動車の走行情報をもとに保険商品の設計をしたり、車載カメラの画像などを活用して事故対応の精度を高めたりしています。様々なデータが手に入るようになった現在、その活用にあたってプライバシーのリスクをどう管理していくか、あらゆる業界にとって重要な課題となっています。

特に印象に残っているエピソードを
教えてください。

数年前に担当したあるクライアントのプロジェクトが印象に残っています。EU域内の個人データ保護を規定する「GDPR(一般データ保護規則)」の施行に対応する大型案件でした。法令対応と言っても、規定された要件を満たすためには、業務のやり方を変えたり、カバーできない部分はシステムの機能で補ったり、全体が適切に回っていく仕組みを構築しなければなりません。
そのため法務部門だけでなく、システム部門、総務部門、業務部門など複数部門が連携して課題を整理していく必要がありました。それぞれの立場によって考え方も異なるため、各部門と密にコミュニケーションをとり、ときには全担当者が一堂に会して意見を出し合うような場面も。規定や業務フロー、要件定義書などをひとつひとつ作り上げ、全社的な仕組みを構築することができました。関わる人数も多く、コミュニケーションは大変でしたが、その分、達成感も大きかったです。

今後の目標を教えてください。

現在の目標は、マネジャーとしてさらに力を付けていくことと、金融、保険業界に関する専門性を高めていくことです。やはりマネジャーになると、クライアントの中でも上位の役職者の方と相対することが増えてきます。安定的に案件を獲得していくこともマネジャーの仕事なので、役員クラスの方々ともうまくコミュニケーションを取り、より信頼される存在を目指したいですね。同席するパートナーやディレクターは、サイバーセキュリティの最近の動向など、クライアントにふと尋ねられたことにも、即座に的確な説明をすることができ、とても勉強になります。
私もそうでしたが、最初はコンサルティングワークに苦労することがあるかもしれません。それでも自分なりに考えて自分から動いていくことが大切。たとえ間違っていても自分から答えを持っていけば、そこから議論が広がりますし、周囲に相談すればアドバイスをもらえます。意欲をもって積極的に動いていけば必ず成長できる環境だと思います。

オフの過ごし方を教えてください。

ほぼ毎日リモートワークのため、最近は自宅で過ごす時間がとても増えました。ゆっくりと料理をすることもありますし、趣味の観葉植物を育てるなどして、オフの時間を楽しんでいます。昔はよく枯らしてしまったものですが、毎日きちんと手をかけてあげると、すくすく育っていきます。それを見るのがとても楽しくて、将来は自然に囲まれた広い庭のある家で、本格的にガーデニングをやってみたいと思うようになりました。

  1. 1CSO桐原 祐一郎
  2. 2ManagerA.K.
  3. 3Specialist MasterY.S.
  4. 4ManagerS.H.
  5. 5Senior ConsultantI.K.
  6. 6Senior ConsultantS.W.
  7. 7ConsultantA.M.
Top